スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

475 Razer Orbweaver の4gamerレビューについて 


Razer Orbweaver 左手用 メカニカル ゲーミングキーパッド
【正規保証品】 RZ07-00740100-R3M1


#まず、長文気味になるので最初に断っておきます


自分は数年前からBERKINのn52teを使っていて、
納得のいく後継品がでるのをずっと待っていたんです
(当時のレビューはこれ

Orbweaverの一個前の製品のNostromoは
n52teと殆ど違いがなくて、乗り換える気はしなかった
でも最近新しく出たこれは、自分にとってカナリいいところまで来てますね

まだ購入はしていないんですが、ふと目に付いた4gamerのレビューで
個人的に納得できない文言が割と並んでいたので、今回はそれについて。

上の方から順に突っ込んできます

4gamerレビュー
⇒ http://www.4gamer.net/games/023/G002318/20130307044/


まず突っ込みたいのは、キーの数とかについて

そもそも
なんでこの左手用キーパッドを使うのかってことから考えるべきであって。
人によって理由は確かに違うだろうけど、n52teとNostromoに限って言うなら
キーの数は問題じゃなかったと思うんです あくまで個人的突込みですが。
確かにG13と比べるとキーは少なかったけど、
そこまで多数のキーを使うならキーボード操作でいいじゃないですか
クライアント側でキー設定できるでしょう普通
手を殆ど動かさずに、というかパームレストに接触させたまま、
指の届く範囲で安定した操作を実現するために使うものだと
自分は考えていて、それを踏まえると、
手のひらを浮かさないと届かないような位置のキーはいらないんです
あればまぁ使うでしょうけど、Orbweaverに関して言うなら、
新たに増やした一番上の列は個人的には必要ありません
手のひら置いたままじゃ中指の上1個くらいしか届かないし

ここまで書いてあれですが、あくまで自分の使い方だと、のお話です
やっぱり4gamerレビューに納得できる人もいるでしょう
でもこの記事は僕個人の感覚により作成されているのでそこは悪しからず・・

ホイールの廃止について

まぁこれは仕方なかった部分はあるとおもいます
主にターゲットにしてるのはゲーマーだろうし
ホイールを一体いつ使うんだ?って思う人がいても仕方がない
それには納得しているけど、個人的には残して欲しかったかな
n52teのレビューでも書いたけど、自分は、意識しないと押せない
中途半端なキーはある意味必要なのかもしれないと感じています
誤爆したくないキーや、余り使わないけど忘れたくないキーなどを
設置できれば、割と便利に使えるようになるものです
僕の使い方では、キーマップ変更(上回転と下回転で違うマップ等)に
割り振ったりもしていました こういう使い方もあるので
残ってたら残ってたで自分は活用していたと思います
上の段を増やしたように、キーの数にこだわるなら、
一番右下のキーを削除するだけで設置できるホイールは
上回転、下回転、ホイールクリックの3ボタンになるわけで
逆に残した方がキー数増えたのと同じになると思うんですけどね

キースイッチのうるささについては同意
青軸はちょっとね・・

そんなわけで

触れられていなかったキー耐久性について

確かに青軸を採用したことで、ファーストインプレッションとしては
いい評価を出す人は多くなったんじゃないかと思う
あのカチッカチッってのは実際に長時間使ったことない人にとっては小気味いいよね

でも、でもだよ
長時間押しっぱなしにすることの多いWASD移動を
メカニカルスイッチで実行するとどうなるか知っているでしょうか

経験上のお話で語らせてもらうと
スイッチの接点が妙に反応しなくなってきます
今まで使ったメカニカルキーボード(Cherryスイッチ黒と茶)では同じ状況でした
前進に使うWの反応が鈍くなってきます

青軸の耐久性がどれほどのものかはちょっと使ったことがないので
わかりませんが、個人的にはメンブレンと静電容量無接点より、
TPS,FPS(移動にWASD)に適していないスイッチなのではないかと
ここだけは実際に使って耐久を試すしかないのかなと考えています

パームレストについて

個人的にn52teで一番気に入っていたのが
この手に恐ろしくフィットするパームレスト
完璧と言っていいくらいになじむのですが、
Orbweaverではそれを捨ててしまいました
一応細かい調整は利くようになっているみたいなので
そこまで心配はしていないですが、
ちょっと店頭で触った限り、n52teレベルの密着感は
望めないものであることは分かっています
デザイン的にはOrbweaverは角ばったので統一感を
持たせているし、n52te形式の曲線パームレストはちょっと
合わなかったってのもありそうですね
まぁ、マイナスと言うほどのマイナスではないです

そして今回一番納得がいかなかったのが以下について

4gamerより引用

>「キーマップの変更」には,「スイッチ」と「サイクル」という
>2種類の動作(ファンクション)がある。

>スイッチは,押すと特定のキーマップに切り替える動作で,
>切り替え先のキーマップを選択して割り当てる。
>また,ここで「このボタンを離すと前のキーマップへ戻ります」の
>チェックボックスをチェックしておくと,そのボタンを押している間だけ,
>割り当てたキーマップに変更され,離すと元のキーマップに戻るという動作になる。
>しかし実際に試してみると,指のどれかでキーマップ変更ボタンを
>押したまま,残りの指でキーを操作するというのは,率直に言って使いにくい。
>適当な使い道が思い浮かばない設定だ。


これこそ、レビューしたひとが、そもそも左手キーパッドを
使ったことがあまりないか、レビューしろと言われて
レビューしただけであることの明らかな表れである
いやまぁレビューの最初にそう書いてあるんだけど。。

この記事を書いた理由がここなので・・
あえて言わせて貰うと

この機能こそが自分が左手用キーパッドを使う理由である

上のほうでも書きましたけど、
自分は左手用キーパッドを

手を殆ど動かさずに、というかパームレストに接触させたまま、
指の届く範囲で安定した操作を実現するために使うものだと
自分は考えていて、それを踏まえると、
手のひらを浮かさないと届かないような位置のキーはいらないんです
あればまぁ使うでしょうけど、Orbweaverに関して言うなら、
新たに増やした一番上の列は個人的には必要ありません
手のひら置いたままじゃ中指の上1個くらいしか届かないし


多くのキーを操作し、
手を浮かせて操作することができるような人は
キーボードでプレイすればいいんです

手を動かさないで安定したプレイを簡単に実現できて、
その状態でキーボードを操作しているのに匹敵するキー数を
確保できる機能がそれなんですよ


WASDの位置を移動に設定したまま、小指で押せる位置に、
押している間だけキーマップを変更するキーを割り振り、
WASD周辺のキーに2重3重の設定をする

使いにくい?

(´・ω・`)知らんがな
自分は使いやすいです

キーボードのような手を浮かせないと多くのキーを押せないものより
よっぽど自分は安定して多数のキーを操ることができます
この機能を使いこなしてこそのn52te、Orbweaverだと思うので
今回はこの記事をつかってこの部分に疑問符をつけてるレビューに
突っ込みを入れさせてもらいました


というわけで今日はここまでです
多少喧嘩腰になってしまっている部分もあると思います
でもそのデバイスを使う意味を全否定されたような気持ちになったので、、
不快な思いをさせてしまったようでしたらすいませんでした

以上、多少なりとも参考になれば幸いです

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。