スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

181 Fermi世代GeForce「GF100」グラフィックスアーキテクチャ発表 

gf100.jpg
画像を4gamer記事にリンクしてあります

以下、ちょっとづつ引用

GF100の開発に当たってNVIDIAが目指したのは,以下の4点。
1. ジオメトリのリアリズム
2. 比類なきイメージ品質
3. ゲームにおける革新的なGPUコンピューティング機能
4. 過去最高のGPUパフォーマンス

DirectX 11では,キャラクターや背景など,オブジェクトが持つシンプルなジオメトリデータに頂点データを付加することでポリゴンデータを細分化し,よりリアルなグラフィックス表現を可能にするテッセレーション(Tessellation)機能が追加された。GPUの持つジオメトリ処理性能が問われる世代になったわけだ。

→GF100のジオメトリ処理性能は,GeForce GTX 285比で最大8倍に高められたという。


テッセレーションによる髪の毛の表現

GPU PhysX対応タイトル「Dark Void」を用いたベンチマーク比較。GF100だと平均フレームレートが77.28fps,最低フレームレートが50.81fpsなのに対し,GeForce GTX 285は同37.91fps,28.92fps。GF100が倍近いパフォーマンスを示している

「GF100はすでにTSMCで量産に入っており,第1四半期中の市場投入を計画している」と明言していた点は押さえておきたい。また,NVIDIAがGF100アーキテクチャを2010年中にトップ・トゥー・ボトムで展開することも明らかにされている。
 Henry氏は,「GF100は,PCグラフィックスの新たな10年を切り開く,高品質なグラフィックスを実現する」と,最新アーキテクチャに絶対の自信を見せていたが,実際のところはどうなのか。一刻も早い製品発表を待ちたいところである。



とのこと。

ふむ、次に組むのはこれのミドルクラスが出て、それが安くなってからですなー。
個人的には来年初めを見てますw

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mkfv.blog46.fc2.com/tb.php/181-4a267005

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。