スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28 F1終了のお知らせ・・・? 



F1-Live.comから引用
FOTAが新シリーズ立ち上げを発表!

「スタードライバー、チームが存在する新しいシリーズ」 19/06/09 16:59

新シリーズ立ち上げを正式発表

ヨーロッパ時間18日(金)の真夜中、8つのF1チームの連合体であるFOTA(フォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエーション)がF1世界選手権の分裂を正式に発表した。

チーム側が声明を発表したのはFIAが設定した交渉期限である19日(金)に入って数時間後というタイミングだった。FOTAは2010年F1世界選手権に条件付きでエントリーしていたが、チームへの分配金、シリーズの運営と統治、そしてレギュレーションにかんしてFIAとFOTAの間で妥協点が見いだせずにいた。

FOTAの声明には「FIAと商業権保有者(FOM/フォーミュラ・ワン・マネジメント)はFOTAを除外する行動に出た。主要チームの願いは無視されたのだ」と記されている。

さらに「加えて2006年以降の何千万ドルもの分配金が、商業権保有者からチームに支払われることがなされないままとなってきた」とも付け加えられた。

この声明を発表したのはBMWザウバー、ブラウンGP、フェラーリ、マクラーレン・メルセデス、ルノー、トヨタ、レッドブル、トロ・ロッソの8チームだ。

Click here to find out more!
声明には「そのためこれらのチームにとって、参加者とパートナーが価値を見いだせるような新しい世界選手権を設立するために準備を開始する以外、選択肢がなくなった」とも記されている。

その新シリーズに関しては、名称や使用サーキット、開始年といった詳細はまだ明かされていない。現時点ではそのシリーズのグリッドを埋めるのは8チーム 16台になりそうだが、各チームがマシンを3台ずつ出走させることになれば、24台でのバトルが見られることになるだろう。

「この新シリーズは透明性のある統治や1セットのレギュレーションを取り入れ、参加者を励ましつつファンの願いに耳を傾けることになる。さらに世界中の視聴者やパートナー、他の重要な利害関係者にとっても魅力的な価格を約束する」

「主なドライバー、スター、ブランド、スポンサー、プロモーター、そして歴史的に高いレベルでモータースポーツを支えてきた会社が、この新シリーズと関わることになるだろう」

しかし、この新シリーズ設立に関してはさらなる政治的な問題を解決する必要があるだろう。フェラーリとレッドブル系2チームは過去にFIAと結んだ協定が存在する関係から、FIAによって無条件エントリーを行ったと判断されているのだ。

FIAおよびその会長マックス・モズレーと提携し契約を結んでいるFOMのCEOバーニー・エクレストンはすでに、新シリーズに対して法的に戦うことを明言。今後、すでにF1と契約を結んだ各グランプリの主催者やテレビ局と交渉を行うことを明かした。

そのため、新シリーズがモナコ、スパ、モンツァといった伝統的なサーキットでレースを行えるかどうかは今後の交渉と展開次第ということになる。一方、 FOTAのプランには伝統的なイギリスチームであるウィリアムズや、インドの資本で運営されているフォース・インディアは含まれていない。この2チームはすでに、2010年はF1世界選手権に参戦することを決めている。

FOTA公式声明全文

「昨年9月に結成以来、FOTAはメンバーである各チームが共に作業を行いFIAや商業権保有者とF1というスポーツの改善のために話し合いを行ってきた」

「しかし全世界的な経済危機の余波が、F1というコミュニティの前に大きな挑戦を与えた。FOTAはF1というスポーツの歴史上、コスト削減に関して最も適当な判断を行ったことを誇りに思っている」

「特に自動車メーカー系チームは独立系チームを手助けし、FOTAがなければそういったさまざまな事柄は達成できなかったであろう。FOTA参加チームは将来のチーム運営モデルになり得る任意のコスト削減案に同意していた」

「チーム側のこういった努力を経て、われわれはFIAと商業権保有者に対し、2012年末までの契約を認めてきた」

「しかしFIAと商業権保有者はFOTAを除外する行動に出た」

「主要チームの願いは無視されたのだ。加えて2006年以降の何千万ドルもの分配金が、商業権保有者からチームに支払われることがなされないままとなってきた。このような状況と環境を考慮し、FOTAは純粋に妥協を模索した」

「しかしついに問題はクリアとなり、チーム側は今後もF1の基本的な価値について妥協できなくなった。すでに提出した2010年F1世界選手権への条件付きエントリーを変更することするという妥協はできなかった」

「これにより、FOTAは今後新しい世界選手権開催のための準備を行うこととなる。その新シリーズは参加者とパートナーの重要さを反映させる。この新シリーズは透明性のある統治や1セットのレギュレーションを取り入れ、参加者を励ましつつファンの願いに耳を傾けることになる。さらに世界中の視聴者やパートナー、他の重要な利害関係者にとっても魅力的な価格を約束する」

「主なドライバー、スター、ブランド、スポンサー、プロモーター、そして歴史的に高いレベルでモータースポーツを支えてきた会社が、この新シリーズと関わることになるだろう」

E.A. © CAPSIS International
Source: GMM
Kay Tanaka
RACING-LIVE Japan


来年のF1に価値ってあるのかな?

確かにオープンホイール最高峰のカテゴリーであることは、変わらないよ

バジェットキャップのおかげで新規参入チームがいくつも名乗りを上げたけど、
有名なチームがウィリアムズくらいしか残ってない状態で
オープンホイールカテゴリーの最高峰()笑 ってどうなのよ

新規参入チームもエントリー取り消して
F1自体が壊滅の危機に陥ったりしてくれないでくれよ

まぁ代替シリーズが放送されるならそっち見るけど

来年のF1、マニュファクチャラーの少ないレースって、
テレビが放送してくれるかどうかもわからん気がしないでもない

何の宣伝?どこがお金出すの?ってね

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mkfv.blog46.fc2.com/tb.php/29-74167fe1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。