スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

474 G710+ Mechanical Gaming Keyboard 

41DqKH-0XjL.jpg

4gamerで紹介されていた、Logiの新しいゲーミングキーボード

G710+ Mechanical Gaming Keyboard

デバイス好き、というかキーボード好きにとって
気になったには気になったのでちょっと思うことを幾つか


使っているキースイッチはメカニカル
定番らしい(4gamer曰く)けどCherryの茶軸
自分は黒軸と茶軸しかつかったことはないけど
他のスイッチの感覚も一応知っているのでまぁ、
定番という文句は不相応ってもんでもないかなってところ

大体Cherryスイッチは、4mmくらいの深いストロークを持っていて、
そのうち2mmくらいまで押し込んだところで反応します
金属接点の関係で押し込まなくても反応するんです

メカニカルキースイッチについて語るときは
いつも強く叩く人にはお勧めしないって言いますが
それは、4gamerのレビューにもあるように
底打ちしたときに急に止まるので指を痛めやすいから

でもなんだか、このロジのキーボは他のどのCherryキーボでも
やらなかった、軸にゴム製の輪を嵌めるという仕様により
強く叩きつけても、衝撃を吸収してくれるようで
たぶんそれもあってストロークは3mmくらいになってるんじゃないかな
あれ、なってないか?まぁいいや



これは正直、メカニカルのキーボードの自分にとっての欠点を
かなりの割合で克服してくれるような気がしています

自分が今メインで使っているキーボードは
同じくロジのCZ-900


ゲーミングキーボードじゃないけど、
自分にとってはかなりいいキーボードです
レビューもしてるので気が向いたら見てみてください

それで、もうこっちに慣れきっちゃった指は、メンブレン(パンタグラフ)の
このやわらかい底突き以外では指をたぶん痛めてしまうし
打鍵音がうるさいのもちょっと耐えられないと思っているのだけど
あのゴムのダンパーにより、メカニカル特有の音がかなり抑えられている

まぁレビューの動画みたところ、CZ-900ほどの静穏性は期待できないけど
自分は結構早く操作することが多いので、それ以上に、
ストロークが短くなっている(かも知れないレベルだけど)
これが重要な性質を占めるんです
底突きしないでキーボードをうつことは自分にはできないし
#とりあえず現物見て、確かめてきます

デザイン的には、左のオレンジ邪魔くさいけど、
値段が下がってくるようなら次のキーボードの候補に入れてもいいかもしれない
さすがに今の値段じゃちょっと高すぎます

でも、26キーロールオーバーなようなので同時押しに制限もかからないし、
なかなかいいキーボードに仕上がってるんじゃないかなと

ただ、自分の文章打つときに多用するDeleteが
CZ-900と違って一般的サイズなのはマイナスポイント
こっちは縦2キー分ぶち抜いてでっかいキーなんですよ(´・ω・`)

簡単に思ったこと並べると以上、そんな感じです

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mkfv.blog46.fc2.com/tb.php/474-aaf3c4ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。