スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

49 Logicool G9x Laser Mouse レビュー 

 ちょーっと時間が空いちゃったけど、2ヶ月くらい前かな?購入した Logicool G9x Laser Mouse のレビューをやりたいと思います。今回も前と同じように、ドライバがどーだとか全く意味のない高dpiについてはあんまり突っ込まないことにします。そこらについての考察が見たかったらもっと専門のサイトのレビューを見るべし。そこら気にしてるレビュー見て役立ったことあんまりないけどね(お

 じゃさっそく行きますか。
販売価格:11000円前後

 さっそく来たぜええええええええええええ!擁☆護☆不☆能wwwwwwwwwwこの値段はゲーミングマウスの中でも高額の部類に入ります。最近だと14000円とかいうManbaみたいな意味不明値段ゲーミングマウスとか出てきてるから少し値段が霞むけど、それでもゲーミングマウスでは4000円~7000円が一般的な相場。ちょっと最近のマウスの値段はインフレしすぎですよね。この後の私のレビューを見てこの値段が妥当だと思えるようなら、購入も検討してみてくださいな。あ、でもあくまで参考程度で。鵜呑みにしないでね。

なかなか手にフィットする形状

 形状に関しては、誰が何を言おうと結局自分に合うかどうかが重要。そういう意味では最もレビューが当てにならない部分かも知れないです。でも自分の思ったことを素直に書いていれば多少は参考になると思うので書いていきます。高い買い物ですし、少しでも意見を聞いてみたいと思う人もいるのです(自分とか自分とか自分とかw)

 このマウスには散々言われているようにグリップが二種類付属します。横幅が広い銀色のXLグリップと、横幅の狭い黒色の、表面加工がざらざらしているドライグリップの二種類です。自分は最初はドライグリップを使おうと思っていたのですが、触ってみて合わないな・・・と。それに他のレビュー見てみると、ドライグリップの方が滑りにくい!とか書いてあるのですが、自分はそうは思いません。はっきり言います。XLグリップの方が何もかもが優れていました。ドライグリップの方が手が滑りにくいってのはロジの売り文句。それを鵜呑みにして勘違いしてるんじゃないかと思ってしまいます。実際にゲームに数百時間使ってレビューしてんのかと。そんなわけで、自分のレビューはXLグリップ基準で行おうと思ってます。ドライグリップは使う気がないので何も言えません。ごめんなさい(お

DVC00074.jpg


 上の写真にあるように、薬指と小指はちょうどいい位置に収まります。ドライグリップだと、横幅が狭すぎて少し置き位置が落ち着きません。逆サイドも同じですね。親指が落ち着きません。グリップの形状としては、人間工学に基づいたIKARIとかと比べると多少無骨な印象を受けますが、そこは使ってみての感想の方が大事。

 自分のマウスの持ち方にはかなりフィットしてくれました。手首をマウスパッドにおいて左右に振る感じで使うのですが、このマウスは縦に短いので、うまい具合に干渉しないで動いてくれます。IKARIやMX518は縦に長いタイプなので、少しこの動作をさせると引っ掛かりがあります。気をつければどうってことない範囲ですけど、必死のプレイの最中に引っ掛かると、気になるものです。この点でも自分には適しているマウスだと感じました。

 形状に関しては、見た目も、持ったときも、かなり満足の出来です。

 でも一点だけ、気を付けてほしいことも。IKARIユーザなら問題ないんですが、MX518ユーザがこのマウスを使うと最初は違和感に付きまとわれます。MX518や最近発売されたManbaはサイドのへこみが大きくて、意識して力をいれなくてもマウスが持ち上がります。でもこのマウスはそういう引っ掛かりがありません。マウス自体は軽い分類なので少し力を入れれば解決するのですけど、MX518も使っていた身としては、気になることだったのでここに追記しておきました。

操作性は良好、でも多少使いにくいボタンも

 一番使用頻度の多い左メインスイッチは、本体とも独立したタイプでクリック感も良好。でもIKARIと同じように、はじくようにクリックするとたまにダブルクリックとかになってしまいます。でもここら辺はやっぱり高速の2連打に反応すると考えるのが正しいんでしょうね。たたくようなクリックの場合指が跳ねてますし。で、結果的にはIKARIほど顕著じゃないので意識する必要は皆無です。

ura_ikari_op.jpg 右クリックは本体と一体型。でもこちらも反応は良好。デザイン的な問題でこちらは独立させなかったんでしょうね。この左右のボタンの形式の違いがいいデザインになってます。で、左の写真。何が言いたいかといいますと、自分の持ち方は、手首をマウスパッドにつけて左右に振るタイプだと何度もいってますが、その持ち方は必然的にマウスを多少浅く持つことになります。そうしたときに気になるのがサイドボタンの位置。浅く持ってると写真のように奥のサイドボタンに指が絶妙に届きませんw使わないと割り切れるなら問題ないんですけど、使いたい人は多少持ち方に妥協を強いられると思います。自分は使ってないので問題ないです(お

 で、ホイールはほかのマウスと比べると高品質。これは流石の一言。多少ホイールボタンが硬いですが、自分の場合IKARIでホイールボタン誤爆事件が多発していたので、意識しないと押せないこの硬さ、まさに自分のためにあるようなものだと感じましたw多くの人が持ってるであろうMX518と比べても硬いです。クリック感はMX518、IKARIのほうが数段上ですけどね。ここら辺は好みとプレイスタイルになるんでしょうねー。

 左メインボタンの手前にある解像度変更ボタン。このボタンにも一応マクロとか振り分けられるんですけど、ちょっと位置的に実用的じゃありません。どっかのレビューでは少し深く持てば第二関節あたりで押せるので便利だ、とか書いてありましたけど、ぶっちゃけ、そんなに深く持ったら中指の先端が右ボタンを超えてしまうですわ。すわすわ。自分の持ち方では丁度第一関節と第二関節の間の柔らかい部分に当たるので、指を手前に引いて曲げた上で押すのがデフォルトですね。狙って押さないと押せないので、速い動作には向かないです。MX518のホイールボタン手前の二つのボタンの方が全然丁度いい位置にあると思います。ちょっともったいないですね。

 そんなわけで以下の動画。奥側サイドボタンがちょっと遠いってことと、解像度変更ボタンが押しにくいってことと、次に書くプロファイルの変更についての動画でする。



プロファイル変更は片手で可能



 上の画像は裏面の様子。この中央のプロファイルボタンを押しながら、解像度変更ボタンを押すことで、マウス上に記録したプロファイルを切り替えられます。最初はこんな位置に変更ボタンがあるのか・・・とか思ってましたけど、ふと片手でいけないかなぁと思いまして、チャレンジしてみたらできたので(お)今は片手で複数のプロファイルを変更して使い分けてますw変更の様子は上の動画を参照してくださいw2秒くらいで変更できますよん。動画だと裏にしてから押してますけど、慣れると見なくても位置が分かるので、相当便利になりました。

 マクロの登録も可能。キーバインドだけじゃなくて複数のキーを組み合わせたマクロも追加可能なので(というか最近のゲーミングマウスはどれもこの機能がついてるけどね)自分なりに作り上げていく楽しさもあります。

多少剛性に不安も・・・

 グリップを変えられるという性質からか、左右から力を少しかけるとボディが少し歪みます。主にグリップ部分が顕著。プレイに支障はないですが、持ち上げた時に少し本体とグリップがカタカタとずれるのもマイナスポイント。本体自体も、解像度変更ボタンの手前のLED周辺が少し軟いです。解像度変更ボタンを押そうとして指を手前に曲げてから押しつけた時に、ボタンじゃないところも押すと少しへこむんですよね。高いものだけに、こういう細かいところにも注意してほしいと思いました。


その他細かいところ

 多くのレビューでみますけど、確かにこのマウスはケーブルが固いです。そのままほおっておいて使うのはちょっときついものがあると思います。自分の場合はSteelSeriesのケーブルホルダー使ってるので、とりまわしには苦労しないですけど、このマウスを使う人はそこら辺考えておく必要があると思います。MX518よりも硬いです。

 んで、全く意味のない機能筆頭。おもり。折角素がそれなりに軽いマウスなのにウェイト入れて重くしてどうする・・・。ホント全く意味がない。前錘撤去して使用してます。

 マウスソールは交換がしやすいように、貼ってある部分の一部分に隙間が用意されてます。こういう細かい気遣いはありがたいですね。マウスパッドとの相性も特に気にならず。よくレーザーマウスで騒がれるネガディブアクセルもハイセンシプレイヤーの私には縁のないものです。まぁこのマウスも無駄高dpiを謳ってますけど、かわいそうなので無視してあげてください(お

 そのdpi設定は変更が可能です。自分とってちょうどいい解像度にできることは正確なエイミングに重要ですよね。自分的にはこれができないマウスは認めたくありませんw
 

総合評価

 
 このマウスは自分のマウスの使い方に非常にマッチしているように感じます。
 操作性も良好。ホイールボタン誤爆もない。
 マクロも組めるしプロファイルも記録できる。
 縦の長さの短さのおかげで手首をつけるプレイスタイルにも適合。
 見た目もカッコよく、かなり満足できる仕上がりです。
 でも大問題なのがその値段。このマウスに11000円出せるかどうか。
 ここはその人の価値観に最終的にゆだねられます。

 おススメできるか?と聞かれたら「ちょっと高いけど、かなりいいマウスだよ」

 評価:87点

  ※4gamer評価は82点

この記事へのコメント

Re: 49 Logicool G9x Laser Mouse レビュー

どうでもいいけど、こんなに本気で
マウスのレビュー書いてる人初めて見ました…w

Re: 49 Logicool G9x Laser Mouse レビュー

プロファイル切り替え楽そうだね・・・・。
でもFEしかやらない僕には必要ない!
あと、見た目が俺好みじゃないんだよなぁ(´・ω・`)
もうちっとスリムなのがいいでs
そして値段はその1/3程度のものが・・・w
MX518にコストパフォーマンスで勝てるものはあるのか?

Re: 49 Logicool G9x Laser Mouse レビュー

>えろす
まだ書き足りないんだけどねぇ・・・(お
デジタル関係の小物大好きだからできることなのかもね

>mkt
MX518は確かにいいマウスなんだが、
微妙にところどころかゆい所に手が届かないのが痛かった
でもま、コストパフォーマンスで並べるマウスはないだろうねー

Re: 49 Logicool G9x Laser Mouse レビュー

私はFPS用途で考えてますが、とても参考になりました。
Amazonでぽちってきてみます。

Re: 49 Logicool G9x Laser Mouse レビュー

>通りすがりさん
参考になったようでよかったですw
でもちょっと気になることが。。。

FPSの上手い人たちはローセンシプレイヤーが多くて、自分みたいなハイセンシプレイヤーのレビューが当てになるかどうかが(;・ω・)

レーザーセンサーの宿命で、物凄い振り回すとやっぱりネガティブアクセル出るんですよね・・・
比較的ハイセンシ側プレイヤーであることを祈ります。。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mkfv.blog46.fc2.com/tb.php/50-87223fd0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。