スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

92 Lynnfieldの真価はやはりコストパフォーマンス 



詳しい性能比較は他のレビューサイトを見ておくれー
一般人にこういうの全部買ったりするお金はナッシングww

さて、やっとでたねLynnfield。
性能を既存i7とかと比較してるサイトをいくつか見てみた限りだと、
やっぱりお買い得なのは一番下のi5 750になるかな。

ハイパースレッディングは使えないようにされちゃってるけど、ぶっちゃけまだハイパースレッディングが生きるようなアプリケーションはそう多くない。

それに消費電力の低下のお陰で、空冷4GHz常用も夢じゃないほどのオーバークロック耐性も持ち合わせているようだw
もちろんいいCPUクーラーは必要だけどね。

一番びっくりなのがその値段。2万円だよ2万円。
i7 920が28000円なのにi5 750が20000円。
オーバークロックできること考えると、これはすごい値段じゃないかな?w


自分のPCがi7じゃなかったら飛びつくところだったw
マザーとCPU合わせて4万で定格使用者の10万円を越えられるぜええ!

「Nehalemをメインストリームで使えるようにした」

この言葉に嘘はないw

もっちろん、完全に最初から組むようなら、HDD、電源、ケース、ディスプレイ、ドライブ、メモリ、グラボ、その他もろもろかかるから10万余裕で突破するけどね!でもそんなのは普段から自作してれば余ってるものの流用できるから気にならない!ジサッカーつよい!さすがつよい!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mkfv.blog46.fc2.com/tb.php/93-8b115dd0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。